デリケートゾーンの黒ずみを改善へ導く洗い方

デリケートゾーンの黒ずみ対策として、洗いすぎないことが大事と言えます。

デリケートゾーンは弱酸性の石鹸で洗うことです。石鹸には弱酸性とアルカリ性の石鹸がありますが
デリケートゾーンの部分の皮膚は薄くて敏感なため、アルカリ性の石鹸で洗ってしまうと洗浄力が強すぎてしまいます。
弱酸性の石鹸は肌と同じ成分なので、肌への刺激も軽減され、デリケートゾーンに必要な菌を残しつつ、優しく洗い上げることができるのです。
そうすることで、黒ずみを減らすことにもつながるのです。

しかし、弱酸性の石鹸でゴシゴシ洗ってしまっては意味がありません。
洗い方にも注意しなければなりません。
ナイロンタオルなどでゴシゴシこすってしまっては黒ずみを引き起こす原因となってしまいます。
石鹸は泡立てることで肌の汚れを落とすことができますので、デリケートゾーンを洗うときは
肌の刺激にならない「泡パック」による方法で毎日ケアすることがおススメです。
弱酸性の石鹸を泡立てネットで十分に泡立てて、その泡をデリケートゾーンの部分に優しく乗せるように
塗っていき、2分間置いてから洗浄します。泡を置いて押すだけでも十分高い洗浄力がありますので
こすらず泡を押すようにして洗浄するのがポイントとなります。
洗い流すときはぬるま湯で優しく流します。熱いお湯は皮膚の刺激になってしまいますので、体温より
少し暖かい程度の温度のぬるま湯で洗い流します。

デリケートゾーンの黒ずみにはイビサクリームが良い?!

デリケートゾーンは泡パックによる洗浄だけでも十分清潔に保つことができます。
刺激を与えないことが、黒ずみを減らすことにつながると言えます。